インポートブランドのバイヤーが営むオンラインショップ。
ホーム アクセサリー > アトリエ・オーラフォ
商品一覧
アクセサリー > アトリエ・オーラフォ
商品並び替え:


「Atelier Orafoアトリエ・オーラフォ」はイタリアのサルデーニャ・サッサリに2010年に誕生し、本店の工房は約15年前から存在し、2012年にはその技術を学ぶアカデミーの学生たちの研修の場にも選ばれた。スタッフ達は、有名な職人たちの下で腕を磨き、古くから伝わるノウハウと機材で、サルデーニャの伝統的ジュエリーを作り上げています。
Bottone Sardo(サルデーニャのボタン)
乳房の形をしたボタンが作られたのは紀元前3世紀頃すなわちカルタゴの時代から伝わってきたものです。
このボタンは男性女性問わず色々なアクセサリーや洋服のボタン、だいたい2つ一緒に使われていてカフスや、コルセットなどにも用いられたそうです。
Kokko 
サルデーニャは昔から 色々な国の占領にあっていた歴史上この島にはあらゆる迷信やら信仰など、代々伝わり続けた。すべての村では、昔から生まれたての赤ん坊の健康を特に心配した。
何か、赤ん坊より先に目に留まるものが必要だ。そこでサルデーニャの有名なアクセサリー、「Kokkoコッコ」が誕生した。元々は洗礼の際に、教父から赤ん坊にプレゼントされたものであり、ゆりかごにブローチとして付けられた。周りの悪いものを全て吸収して、もしそれが割れた時には、降りかかっていた災難から免れたという意味がある。通常ではオニキスや火山岩など、黒い石を用いて作られるが、地方によってはターコイズやアゲートで作られることも少なくはない。
登録アイテム数: 0件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス